興信所Best1

興信所への就職、採用に向けて

「興信所で働きたい。」
「調査業に就職したい。」と考えるには、キッカケがあるはずです。

もしも、名推理で謎を解き明かしていく華々しい世界を想像しているのであれば、
興信所への就職はお勧めしません。

なぜなら興信所の調査員という仕事は、かなり過酷だからです。

人の役に立つ仕事ではありますが、体力や我慢強さはもちろん、
さまざまなセンスと知識力の必要な世界。

車の運転センスや探偵に関わる法律や浮気調査と関わる離婚関連の知識。

もちろん調査に使う機材の知識なんかも必要ですし、何より調査の状況に応じた対応力も必要です。調査が終われば、報告書作成の業務もあるので、書類作成の能力ももちろん必要。
興信所の調査員は、考えている以上に能力の必要な職業です。


難しそうだな。と考えた人には少し朗報かもしれません。実は興信所への就職は、調査員になるだけしかないわけではないのです。
カウンセリングをおこなうカウンセラーや相談窓口業務、事務など興信所によって、調査員以外の職種を募集している場合もあります。
調査員に限らず、興信所で仕事をしたいと考えているのであれば、これらの業務の募集を行っている興信所を捜してみるのもいいのかもしれません。

そんな募集、一体どこで見つければよいのでしょうか。

見逃しているだけで、求人広告やネットの求人サイトに掲載されている場合もあります。しかし、最も掲載されている確率の高いのは、実際の興信所サイトの採用ページです。業務ごとの募集や詳細情報が掲載されています。
詳細情報を見て、なおも興信所に採用されることを考えるのなら、1つだけ確認しておきたいところがあります。

それは、企業方針。どのような方針で、興信所を運営しているのか。興信所によっては、悪徳な興信所も存在します。人の役に立ちたい。と興信所への就職を望んだのに、不本意にも悪徳な興信所に就職してしまったら、選んだ人にとっても、他の優良な興信所にとっては損失です。興信所への就職を考えるのなら、まずは興信所の比較から始め、納得のいく興信所を選ぶことが必要です。